無線機接続関連
全 7 件

ヤエス FTDX3000、FT-991

閲覧数2962 投稿数0 ユーザー数1

【USB端子搭載の無線機】 FTDX3000、FT-991は無線機本体にUSB端子が搭載されており、SCU-17相当の機能が備わっています。また、オーディオもデジタル接続されますので、オーディオ・ケーブルは不要、USBケーブル1本で全ての機能が使えます。RRS側は制御系をUSB2ch、オーディオ系を"USB Audio"または"USBオーディオ”に設定します。但し、USBオーディオはアナログに比べ遅延が起こるのと、過負荷状態となりVoIPが不安定になることがあります。  また、cw送信時にサイドトーンがモニターできません。これは、USBオーディオにcwサイドトーンを出力させないためです。直打ちのPCキーイング時にはまだしも、CWメモリ(メモリキーヤー)を使用する場合には、かなり辛い・・・!! 。これはヤエスのUSB搭載機に限ったことです。メーカーに改善を要望すべき点だと思います。    制御系の接続速度は、無線機側、RRS側でそれぞれ行います。推奨速度は 38400bps Databit "8"bits Stopbit "2"bit Parity "none" Flow control "Disable"です。 ※FT-991は2015/1/27現在、RRSシリーズ非対応です。 FTDX3000 に関する追加情報::この無線機にはUSBオーディオが搭載されていますが、デフォルトのRX音量のゲインが高すぎます。MENU 077のDATA OUT LEVELを20以下に調整してください。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 12:20)
最終投稿  :JG1BVX (2015/02/02 02:54)

ヤエス FTDX9000、5000、1200、FT-2000

閲覧数681 投稿数0 ユーザー数1

【オーディオ接続】  音声入力回路はリア・パネルのフォンパッチ端子が利用できます。ヤエスの場合、機種毎に入力端子の名称がことなる場合がありますが、機能としてはDATAや音声の入力が可能な端子のことです。これらをRRSのSP端子と繋ぎます。  音声出力はAFout端子もしくはSP端子とRRSシリーズのマイク端子をオーディオケーブルで繋ぎます。  これらの端子はRCAジャック、またはミニ・ジャック、標準ステレオジャックであり、市販のオーディオ・ケーブルでRRSと接続できますが、RF回りこみに十分注意が必要です。  本来ならアイソレーショントランスで in / outを分断するべきですが、クランプ・コアなどで簡易的にコモンモード対策とすることでも、ある程度効果は期待できます。RRS側のオーディオ設定はAnalog Front/Rearの何れも可能です。 【SCU-17】  また、メーカー純正のUSBオーディオ・インターフェース SCU-17には上記のアイソレーショントランスが内蔵されており、これ1台でRRSシリーズと無線機の接続を完結できます。詳しい接続方法はSCU-17の説明書をご覧下さい。RRSをパソコンに見立てて設定します。無線機側のオーディオ入出力にはDATA端子を使用します。切替はメニューモードのMIC SEL(各電波形式毎に設定可能)から行います。シリアル接続のみにSCU-17を使われている方をお見受けしますが、オーディオI/Fとして使用すればRRSのUSBオーディオが使えますので、是非お試し下さい。  また、CW運用する場合にも必須です。 接続速度の設定は、無線機側、RRS側でそれぞれ行います。SCU-17使用時は、推奨値 38400bps Databit "8"bits Stopbit "1"bit Parity "none" Flow control "Disable" です。  何れのケーブルにもコモンモード対策は十分に施すべきでしょう。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 11:09)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:39)

ケンウッド TS-990、TS-590シリーズ

閲覧数625 投稿数0 ユーザー数1

これらはUSBオーディオI/Fを搭載しており、RRSとの接続はUSBケーブル1本で行います。CW運用の際には、無線機側のVOXをオンにしてお使い下さい。詳細は無線機の取扱説明書をお読み下さい。  RRS側のオーディオ設定は"USB Audio"または"USBオーディオ”に設定します。  受信音が歪まないように、無線機側でUSBオーディの出力ゲインを調整してください。  通信速度設定は必ず、無線機側、RRS側双方で行って下さい。推奨速度は38400bps、Databit "8"bits Stopbit "1"bit Parity "none" Flow control "Disable" です。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 12:27)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:35)

ケンウッド TS-940、950、850

閲覧数1055 投稿数0 ユーザー数1

【TS-940、TS-950、TS-850】 伝統的にケンウッドのフラグシップ機にはPhone Patch端子が備わっています。基本的にはこの端子にRRSの出力(SP)を接続して、リアのSPもしくはAF端子の出力をRRSの入力(Mic)を繋ぐだけでOKです。必要に応じてグランドアイソレーション、コモンモード対策を施して下さい。TS-850の場合、無線機側はマイク端子を使用する必要があります。RIGblasterの使用をお勧めします。 これらの無線機はそのままではRS-232Cを繋げません。メーカー純正のシリアルI/Fがありますが、既に入手は困難です。PIEXX社から RS-232Cシリアル I/Fが入手可能です。http://www.piexx.com/ それらが入手不可の場合、TTLレベルコンバータの自作が必要ですが、ネットを検索するとOM諸氏の記事を見つけることができます。 接続速度は4800bps固定となります。RRS側の設定は、4800bps Databit "8"bits Stopbit "2"bit Parity "none" Flow control "Disable" です。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 12:40)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:32)

ヤエス FT-950、FT-450

閲覧数1714 投稿数0 ユーザー数1

【オーディオ接続】  無線機とRRSシリーズのオーディオ接続は、無線機側のマイク端子とRRSのSP端子を接続、無線機のSP端子とRRSのマイク端子を繋ぐシンプルなイメージを想像して下さい。  実際には高周波回りこみやインピーダンス整合などをする必要があり単純ではありませんが、基本的にはこの様なスタイルです。 【RIGblaster Advantage】  ヤエスのにはSCU-17という非常によくできたオーディオ I/Fがあります。ところが、FT-950、FT-450の場合、SCU-17の機能を使い切れません。理由は無線機側の音声入力にDATA端子が使えないからです。これら無線機の場合、入力はマイク端子を使う他選択肢はありません。そうなると面倒なのが8ピンコネクターやRJ45端子のケーブル加工です。自作派の方なら朝飯前だと思いますが、細かいハンダ付けは老眼ハムに堪えます。(私も)  そんな悩みを一発で解決してくれるのが West Mountain Radio の「RIGblaster Advantage」です。ヤエスSCU-17同様、アイソレーショントランスやフォトカプラによる回りこみ対策が施された無線機用オーディオI/Fです。  各メーカー、各無線機に簡単にアジャスト出来るようジャンパが用意され、無線機のマイク端子、SP端子と本機を接続、そこからRRSへはUSBケーブ1本で接続できます。必要なケーブル類も全て同梱されていて、これが1台あれば FT-950、FT-450とも簡単に接続できます。  また、2chのUSBを備えており、CWキーイングも可能です。この際RIGblasterの内部ジャンパをTX swはcomに設定、無線機側のPCキーイング設定はRTSにします。 接続速度設定は、無線機側、RRS側でそれぞれ行います。推奨値は 38400bps Databit "8"bits Stopbit "1"bit Parity "none" Flow control "Disable"  何れのケーブルにもコモンモード対策をおすすめします。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 12:17)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:30)

エレクラフト K3、KX3

閲覧数1163 投稿数0 ユーザー数1

【オーディオ接続】 K3、KX3ともに、汎用のオーディオケーブルでRRSと接続可能です。エレクラフト社のケーブルセットですと、カラーマーキングがRRSの端子カラーと揃えてありますので、とても便利です。詳しくは総代理店のエレクトロデザインへお問い合わせ下さい HAMSTAR社の公式パートナーですので、RRSに関するご質問にもお応え頂けます。http://www.edcjp.jp/ KX3の場合、デフォルトですとマイク端子のホット側にバイアス電流がながれていますので、メニューからバイク・バイアスをオフにしてお使い下さい。 【制御系接続】 K3との接続はRS232Cとなります。RRSに付属のストレートケーブルを使用します。RRS側の設定はRS232を選択します。 KX3殿接続はメーカーオプションのUSBケーブルをお使いください。RRS側の設定はUSBを選択します。 何れも接続速度は、無線機側、RRS側でそれぞれ設定して下さい 接続速度は、無線機側、RRS側でそれぞれ設定します。推奨値は 38400bps Databit "8"bits Stopbit "1"bit Parity "none" Flow control "enable"です。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 13:14)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:28)

ケンウッド TS-570、870、2000、480

閲覧数628 投稿数0 ユーザー数1

【オーディオ接続】 これらの機種はPhone Patchを備えておりません。オーディオ接続する際は、無線機のマイク端子とRRSのSP端子、無線機のSP端子とRRSのマイク端子を接続するイメージです。 GNDアイソレーション、コモンモードを考慮するならトランス、クランプ・コアの挿入が不可欠です。 【RIGblaster Advantage】  これら無線機の場合、入力はマイク端子を使う他選択肢はありません。面倒なのが8ピンコネクターやRJ45端子のケーブル加工です。アイソレーショントランスやフォトカプラによる回りこみ対策が施された無線機用オーディオI/Fですので、RRSとの間にインターフェースとして挿入すればOK。 各無線機に簡単にアジャスト出来るようジャンパが用意され、無線機のマイク端子、SP端子と本機を接続、そこからRRSへはUSBケーブルで接続できます。必要なケーブル類も全て同梱されていて、CWキーイングも可能です。この際、RIGblasterのTX swは"vox"を選択します。  RS232C=USBのコンバーターも内蔵しており、RRSのUSB制御をRS232に変換できるため、USBケーブルはオーディオラインと兼用、即ち1本で済みます。  何れのケーブルにもコモンモード対策をおすすめします。  RRS232Cの接続には必ず付属のストレートケーブルをお使い下さい。クロスケーブルは使用できません。接続速度は9600bps以上、Databit "8"bits Stopbit "1"bit Parity "none" Flow control "Disable"です。この設定で安定しない場合は、4800bps Databit "8"bits Stopbit "2"bit Parity "none" Flow control "Disable" でお試し下さい。

トピック作成:JG1BVX (2015/01/27 12:45)
最終投稿  :JG1BVX (2015/01/27 13:27)