ケンウッド TS-940、950、850

カテゴリ: 無線機接続関連

閲覧数1065 投稿数0 ユーザ数1

【TS-940、TS-950、TS-850】 伝統的にケンウッドのフラグシップ機にはPhone Patch端子が備わっています。基本的にはこの端子にRRSの出力(SP)を接続して、リアのSPもしくはAF端子の出力をRRSの入力(Mic)を繋ぐだけでOKです。必要に応じてグランドアイソレーション、コモンモード対策を施して下さい。TS-850の場合、無線機側はマイク端子を使用する必要があります。RIGblasterの使用をお勧めします。 これらの無線機はそのままではRS-232Cを繋げません。メーカー純正のシリアルI/Fがありますが、既に入手は困難です。PIEXX社から RS-232Cシリアル I/Fが入手可能です。http://www.piexx.com/ それらが入手不可の場合、TTLレベルコンバータの自作が必要ですが、ネットを検索するとOM諸氏の記事を見つけることができます。 接続速度は4800bps固定となります。RRS側の設定は、4800bps Databit "8"bits Stopbit "2"bit Parity "none" Flow control "Disable" です。
  • 投稿者コールサイン:JG1BVX 投稿日:2015/01/27 12:40

回答

コメントはありません。